病院でも取り入れられています

病院でも取り入れられています

筋力増強を目的に試行錯誤して、考案された加圧トレーニングですが、現在横浜の病院では、治療の一環として行っている病院があります。

加圧トレーニングを希望して入院を希望する患者さんもいるとの事です。

病院が治療の一環として行っているので、歴史が浅い方法ではありますが、安心感があります。

手術後のリハビリにも取り入れていますが、対象となる病気には制限があるようです。

医師の診断の基に、根拠を持って専門の人が対応してくれますので、期待感も出てきます。

病気は手術で良くなっても、その後の生活に支障があればどうにもなりませんよね。

治療して社会復帰し、日常を問題なく過ごせるとなると、希望する人がいるのも納得です。

横浜の病院だけでなく、日本の中では、このトレーニング方法を治療の一部として、いち早く取り入れている病院もありますので、興味のある方はインターネットで検索してみても良いでしょうね。

ここ数年の間に話題も呼び、海外でも研究者が増えています。

未知の部分も残しているため、今後の更なる発展が楽しみです。

リハビリの進化なのでしょうか

横浜は大都市なだけに、病院もリハビリ施設も数多くあります。

加圧トレーニングを取り入れてリハビリを行っている病院が、横浜にはあります。

リハビリと聞くと、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの病気で体に麻痺やしびれが残った人が行うと思います。

頭の血管の病気の人が、加圧トレーニングをして大丈夫なのかと思いますよね。

このトレーニングは圧を加えて血流を止め、圧を取り除いた時に勢いよく血液が流れだすと言うようなイメージがあります。

この病院では、加圧トレーニングの本来の意味と、根拠や理論も理解した上で、早めのリハビリ開始が重要であることも患者さんに説明をして実施しています。

当たり前のことですが、知らないと不安が先行します。

もちろん長い間、寝たきりだったと言う人にも有効な事が分かっていますので、今まで諦めていた人には朗報だと思います。

横浜の加圧トレーニングスタジオ

興味のある方は体験も行っているようですので、一度見学から体験してみても良いのではないでしょうか。

体験に当たっては注意事項や服装など、一度問い合わせをした方が良いと思いますよ。